建築の求人票のチェックポイント

建築の求人は多く、特に現場サイトを中心として高止まりしており、震災後においては被災地が多かったものの、現在においては首都圏で大きな数字になっています。募集内容としては同じ現場サイトでも大きく分けることができ、内容としては監理監督をする業種と、職方となる業種の2つがあります。応募をする場合にはどちらを選ぶかで押さえるポイントも異なり、まず、どの職種が自分に適しているのか把握をした上で判断をすることが重要になります。業種自体の特徴の1つには資格が求められることがあり、最初から資格が必要なのか、また、入社してからの取得でも可能なのか確認をする必要があります。また、現場サイトの場合には危険が伴うことも多く、選択においては安全面に力を入れている企業を選ぶことが大切になります。

監理監督の職で応募をする場合について

監理監督の求人は、規模に関らず多くは会社組織となっているケースがほとんどです。概ね規模が大きければ福利厚生面も他の業種同様充実していることが多く、ここでは、どのような内容が設けられているのか、ポイントになります。基本的なチェックポイントとしては、給与面があり、本給、昇給、賞与などを確認する必要があり業務内容の確認も大切なチェック項目となります。建築の場合に特に注意が必要となるのは勤務時間があり、就業規則等では休日や勤務時間、有給が定められていてもなかなか思うようにならないといったケースが多くあります。大きな理由としては工事に関しての工期厳守があり、規模が小さな会社の場合には現場の掛け持ちや時間外勤務が求められることも多くあります。応募をする際には、これらの点を良く確認をした上で行う必要があり、把握をしないままに入社してしまうと後悔してしまうことになります。

職方として応募をする際のポイント

建築求人では監理監督に比べ、職方の求人が多く行われています。理由の1つに高齢化や職人の成り手が少ないことがあり、従事者が減少していることがあります。職方の場合には、監理監督と比べて時間通りに現場から上がれる点が特徴の1つになります。工期によっては残業もありますが、現在は元請の監理がしっかりしていることが多く、かつてに比べて職方に残業が求められるケースは減少しています。ポイントは、応募先がどの程度の規模を持つのか把握をすることがあり、理由の1つに、小、零細企業が非常に多いことを上げることができます。中には就業規則が無いケースも見受けられ、応募をする場合には勤務に関してしっかりとした定めがあるのかどうか確認をすることが大切になります。また、職方の場合には資格が求められることも多く、取得制度や、安全教育、技能習得などを設けている企業を選ぶことが必要になります。